映画

October 19, 2005

「五線譜のラブレター」と「きみに読む物語」3

チケットが余っていたので、観て来ました。祇園会館での2本立て!

今回もまた、お尻が痛かったです〜。

最初に観たのが「五線譜のラブレター」11:55スタート。

音楽家コール・ポーターの生涯をミュージカルを加えながら描いたもの。

全くコール・ポーターという人を知らなかったんです、私。

でも、聞いたことのある曲もあったし、エルビス・コステロ、アラニス・モリセット、シェリル・クロウ、ダイアナ・クラールがミュージカルの場面で出演してて、(他にも有名な方々が出演されてたみたいです →* )その部分は見ごたえがありました。

私は、アラニスの歌声が好き。

彼は魅力的な人だったんでしょうねー、主役のケビン・クライン良かったです。「海辺の家」よりも。

同性愛って当時は普通だったのでしょうか?皆、こぞってパーティ(?)に参加してるのには驚きでした。そこで歌われてた「恋の売り物 (Love For Sale)」という曲が印象的でした。

それにしても、奥さん、よく我慢してたなー。

お互いに愛し合っていたんですよね。それはすごく解りました。


 続いて、「きみに読む物語」

湖、夕陽、白鳥、ボート…、すごく美しい場所です。こんな所に行ってみたい。それだけで心が洗われそう。

アリーとノアの初恋のお話。美しい物語です。最初から最後まで。

でも、ちょっぴりHなシーンがあるので、くれぐれも家族と観るのはオススメしません(笑)

おてんばアリー、すごくキラキラしていて可愛かったです。泣き顔も可愛い。すごく弾けてる感じがしました。

アリー役のレイチェル・マクアダムスを調べたら、意外にも私と同じ28歳!びっくり。18歳くらいかと思ってました。

 

祇園会館では、平日にも関わらず、たくさんの観客が居て驚き。

しかも、見渡すと老人が多いです…。(けっこう高齢)

「五線譜のラブレター」はコール・ポーターを知っていれば観れるけど、彼を知らずに今のアーティストも知らなければ、辛い時間になるのは間違いない。

「きみに読む物語」も年の多い方で”ほうっ”っとため息をつく人はかなりロマンチストですよね…。私はラストは駄目です。

2作とも、「愛」を語る映画で、良かった〜というよりも、しんどかった〜が本音でした、ふぅ〜。



akjkk at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 30, 2005

「Ray」5

すっごく良かった!

レイ・チャールズの半生なんだけど、へぇーと驚きがいっぱい。

彼ってすごい人だったんですね。

何度も涙がでてきてしまうし、何度、音楽に鳥肌が立ってしまったことか…。

DVDがすっごく安いです。これは買っておくべきかも?



akjkk at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 17, 2005

「オペラ座の怪人」と「shall we dance?」3

本日、八坂神社近くの祇園会館にて2本立て映画を観てきました!

新聞屋さんからタダ券をもらっていて、2枚あるけど、夫は絶対にこういう類の映画を2本立てで観ることはできない人なので、ひとりで観に行っちゃいました。

12時「オペラ座の怪人」からスタート。

主役のエミー・ロッサムという女の子がすごくかわいい。歌声もキュート。

ミュージカルはあまり得意ではないし、「オペラ座の怪人」は初めて観るので、へぇ〜という感じ。あの音楽と舞台はすばらしいものだと思います。

ファントムの一途な想い、悲しいお話です。

でも何だろう?感情移入できないというか…。そうくるか?と思うことがしばしば。嫌いな映画ではないけど、すっごく好きにはなれそうもないです。機会があったらもう一度観てもいいかな?

でも、これは映画館で観て正解だったかも。迫力があって良かったです。

 

引き続きまして、「shall we dance?」

やっぱり、リメイクは難しいんでしょうね。

日本の映画は役所公司、竹中直人だったから良かったんだと思う。

これは全くの別物として観たほうが良さそう。キャストは凄いのだから、庶民ぽくしないでリッチーな感じにすれば良かったんじゃない?て、ただただ、タキシード姿のリチャード・ギアを見ると「プリティウーマン」を思い出しちゃうから、そう思ったのだけれど。

ジェニファー・ロペスの踊りはさすがに上手かった!ドレスもきわどいっ。けど顔が恐く感じたなぁ。

いろいろ悪口書いちゃったけど、「オペラ座の怪人」の後ではお気楽に観れる映画で良かったのかな。

それにしても2本立てはきつい!お尻痛いっ。でもまだチケット1枚残ってるから、来月の映画もまたひとりで(寂しい)観にいくつもりです…。



akjkk at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 14, 2005

「ヴィレッジ」2

シャマラン監督、「シックスセンス」が良かっただけに、次の映画こそ…と思わせて、やっぱり…な結末。

前作の「サイン」みたいにへんてこな宇宙人がでてこないだけ、ましかな。(あれは日清のカップヌードルかと思ったよ)

「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディ が、そんなことを〜と思ったくらいで、かなり辛口に言わせてもらうと、俳優で成り立っているだけのB級映画。
でも、またシャマラン監督の映画、観ちゃうんだろうなー。



akjkk at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 12, 2005

「クローサー」4

「クローサー」を観ました。

ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライブ・オーウェン、この4人での四角関係を描いたもの。

R-15指定らしいけど、それは映像ではなく赤裸々な言葉。

でもナタリー・ポートマンがストリッパー役で奮闘していたのにはビックリ。いやらしくなくて、美しい。最後のシーンで、颯爽と歩く姿もかっこいい。彼女にすごく惹かれてしまう、私です。「レオン」や「ビューティフル・ガールズ」も心に響く映画だったと記憶するし、この映画を観て再認識してしまいました。

それとジュード・ロウとナタリー・ポートマンは「コールドマウンテン」で共演してたと気がつきました。少しの絡みでしたが。「コールドマウンテン」は話が重いけど良い作品でした。

話は戻して、「クローサー」は観るときによって感じ方が変わる映画だと思います。あと人と一緒に観る映画ではないかな。夫と観なくて正解でした(笑)←なんだこれ、と文句がうるさいに決まってます。



akjkk at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「コンスタンティン」3

「コンスタンティン」を観ました!

キアヌはまたまた救世主な役で「マトリックス」とかぶってます。またまた病んで青白いし。いままでとは違ったヒーロー、ということだったけど、私にはキアヌってどんな役を演じても同じに見えてしまう。青白いキアヌより昔の「ハート・ブルー」とか「スピード」のときのたくましいキアヌのほうが個人的には好きです。

映像はすごくきれいでした。目をそらしてしまうほど怖いというものはないし、ガラスが散ったりとその綺麗さに引き込まれる感じ。うん、まあまあおもしろかったです。



akjkk at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 07, 2005

「ふたりにクギづけ」2

「メリーに首ったけ」、「愛しのローズマリー」のファレリー兄弟監督のコメディ作品ということで期待して観たんだけど…。

マット・デイモンとグレッグ・キニアが結合双生児という役。無理がある?ま、それもコメディだからいいのかしら。

途中でメリル・ストリープがでてきてびっくりぐらいで、全体的にみたら、コメディというよりハートフルな映画でした。

あらすじを全然知らずに観たので、この題材には驚いたな。

大笑いのできるコメディを求めてる人にはお勧めしないです。



akjkk at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 08, 2005

「2046」2

ウォン・カーウァイ監督

トニー・レオン、木村拓哉主演の「2046」を観ました。

これってずいぶん前に撮影してなかなか完成しなかった映画ですよね。

正直な感想、キムタクがウォン・カーウァイ色に全然染まってなくて、キムタクはキムタクって感じで浮いているように見えました。

「ブエノスアイレス」よりも観やすいけど、ん〜、面白くないとも言えないし、面白いとも言えないし、微妙かなー。

個人的には、好きな女性がキムタクの元にいって2046の小説が書き終わったところで終わりで良かったと思う。

なんでキムタクを使ったんだろう?あの役は金城武の方がしっくりきたんじゃないかと思うんだけどなー。



akjkk at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 05, 2005

「テイキング・ライブス」3

テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版
 
「テイキング・ライブス」を観ました。
アンジェリーナ・ジョリーとイーサン・ホークが主演ということで名前借りしたんだけど…。
サスペンスというよりホラー寄り。
惨殺シーンが多くて、ちょっと気持ちが悪かった。
 
イーサンもこんな役をやるようになったんだなー。
ちょっと伊藤英明に似てるかも?なんて思ったりしながら観ました。
 


akjkk at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 29, 2005

「コラテラル」4

「コラテラル」を観ました。

トムクルーズの白髪頭にちょっとびっくり。

冷酷な演技がかっこよかったデス。

この映画は観やすかった。最近の映画は訳の解らないオープニングが多いけど、この映画は夜景がきれいで、スッと話に入っていけた。

淡々と話が進んで、トムはいっぱい人を殺すけど安心して?観れる映画でした。ラストはあっけないけど、満足☆



akjkk at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)